上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





うっさんが 舞台「蛇姫様~わが心の奈蛇」 に、単独主演することが発表されましたね。
単独主演???びっくりですね~ほっ

* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
▼舞台 蛇姫様~わが心の奈蛇

公演期間・会場
 ・ 2009.2.5~2.15 ル・テアトル銀座
 ・ 2009.2.26~3.1 大阪シアターBRAVA!
* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

今回は劇団EXILE公演ではなく、芝居へのまじめな取り組みと役者として
確かな演技力を発揮した USAの単独初主演公演を行うことになったそうです。

そして選ばれたのがアングラ演劇の伝説の舞台「 蛇姫様 」blue-GL

唐十郎( からじゅうろう ) の代表作「蛇姫様~わが心の奈蛇」は
蛇のウロコを持つ少女をめぐり、スリの親分「権八」、ナゾの男「伝次」、スリの小林少年らが
入り乱れ、唐率いる状況劇場により1977年4月、福岡県田川市のボタ山での初演を皮切りに
状況劇場の人気者だった根津甚八と小林薫が熱い火花を散らし全国を巡演。
数多くの観客を集めた舞台だそうです。今回は1978年以来、31年ぶりの再演。

うっさんは、小林薫さんが演じた「伝次」と「権八」の二役に挑戦するそうです。
二役も演じるなんて、すごいですよね上他の配役はまだ未定だそうです。

■□ USAコメント
  「杉田さんが演出をされる舞台に出演する機会をいただけて本当にうれしいです。
  自分の持っている最大の表現をしたいと思いますので、是非見ていただきたい」


今公演はドラマ「北の国から」で知られる杉田成道氏が演出を担当。杉田氏によると
「いま活躍している舞台の人はみんな唐十郎の影響を受けている」と
「蛇姫様」上演を決め、唐さんも快諾したそうです。

唐作品はこれまで1975年に沢田研二が「唐版・滝の白糸」、89年に木村拓哉が「盲導犬」に
主演するなど、時代のスターが挑戦し、若き日の中村勘三郎も唐作品に衝撃を受け
「平成中村座」を始めるきっかけとなったそうです。

「 ただ・・・逢いたくて ( New Ver. ) 」 のうっさん、いい演技してるなぁと思いましたにこ
ラストの微笑みは、とっても自然で素敵ですv

ますますの活躍、期待してますBrilliant
頑張ってね~、うっさ~ん♪

▼ ただ・・・逢いたくて ( New Ver. ) ちょい高画質PV
   

exile_bunner00.jpg
スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 EXILE×24karats×COALBLACK, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。